大切な国語力!

  こんにちは、Jump Start内学習指導塾「緑風塾」の金藤(きんとう)です。 よく聞く国語力とはどのようなものでしょう。 文部科学省では「これからの時代に求められる国語力」として2つの領域を挙げています。   ひとつは「言語を中心とした情報を処理・操作する領域」。 もうひとつは「国語の知識や教養・価値観・感性などの領域」。   この2つがお互い影響しあって国語力を構成しています。   前者の「言語を中心とした情報を処理・操作する領域」は 論理的思考・情緒力・想像力・表現力の4つから成り立っており、 「国語力の中核」といえます

幼少期の教育について

  JUMP STARTの明坂暁幸です。   私は0歳から8歳までの子どもの教育で一番大切なのは、 IQやテスト結果のような数値化できる能力ではなく、 やり抜く力、柔軟性、心の回復力、自制心、社会性、 など、従来の「学力」とは異なる、数値化できない人間力 「非認知能力」だと思っています。   「非認知能力」とは、2000年にノーベル経済学賞を受賞した、 シカゴ大学のジェームス・ヘックマン教授の幼児教育の研究で 脚光を浴びました。   彼の研究では、乳幼児期などの早期教育の場合、 学習面を強化しても、IQの数値を短期的に高めるだ
error: